食器洗浄 コンテナ容器洗浄 器具洗浄 パレット洗浄 特殊洗浄 ブースター プランニング メンテナンス Q&A

世界で活躍するSJM洗浄機

SJMは、小型のバッチタイプ洗浄機から、大型のコンベアタイプ洗浄機まで、幅広いラインナップを取りそろえ、様々な物を洗う業務用洗浄機の専門メーカーです。ISO9001認証工場で、最新の設備と技術で生産される洗浄機は、大型コンベアタイプだけでも年間500台以上の実績です。活躍の範囲は、日本、韓国、中国、台湾、インド、タイ、インドネシア、マレーシア、シンガポール、オーストラリア、ロシアなど、アジアを中心に世界へと広がっています。

SJM殺菌洗浄機の特徴

進化したSJM洗浄機は、洗浄と殺菌が出来ます。従来の高温水によるすすぎに比べ、より強力に殺菌する事で洗浄物の衛生状態を良好にする事が出来ます。また、機器内自動洗浄システムを組み込む事で、洗浄機本体の衛生状態も良好に保つことを助けます。その他にも、省エネ、省力化の各種システムがお客様の洗浄作業を強力にバックアップいたします。

ドライヤー・システム

殺菌リンス・システム

ブラシ洗浄・システム

エナジーセーブ・システム

ワンウェイ・クロスフロー・システム

Wリンス・システム

 殺菌リンス・システム

 エナジーセーブ・システム

搬入側に排出される熱気をファンで回収し、給水に熱交換させるシステムです。回収熱で給水を加熱する事により、仕上げすすぎのお湯を作るブースターの蒸気量を削減します。また排気の温度・湿度も低下する事により排気設備への負荷を低減します。さらに、搬入口からの排気熱も低減し、作業環境を向上させます。

通常リンスは、85℃の高温水ですすぎ除菌を行います。殺菌リンス・システムは、高温水に変えて、微酸性電解次亜塩素酸水ですすぐ事で、より積極的に殺菌が行え、洗浄物の衛生状態を格段に向上させます。洗浄機の構造は微酸性電解次亜塩素酸水の使用に最適なシステムとなっています。

 Wリンス・システム

 ドライヤー・システム

搬出側に排出される熱気を回収し、循環させる熱循環のシステムにより、加熱蒸気の使用量を抑え経済的な上、搬出口からの排気熱も削減し、作業環境を向上させます。

循環の前すすぎと、新しいお湯の仕上げすすぎによるダブルリンス方式で少ないお湯の消費でも確実にすすぎを行います。

 ブラシ洗浄システム

 ワンウェイ・クロスフロー・システム

仕上げすすぎで使われたお湯は、搬入口に向かって前のタンクへ流れ、洗浄1タンクでオーバーフロー排水されるワンウエィ方式です。洗浄物の進行とクロスするお湯の移動は、洗浄の温度理論とお湯を最大限有効に利用する最適な方法です。

洗浄水の噴射だけでは落ちにくいしつこい汚れを落とすために、回転ブラシにより洗浄するシステムです。洗浄物のサイズに合わせてブラシの位置を可動させる事も可能です。

洗浄作業終了後に実施する、洗浄機内部の清掃を容易にし洗浄機の衛生状態を良好に保つシステムです。お湯による洗浄又は、微酸性電解次亜塩素酸水で自動洗浄を行います。

『エナジーセーブ・システム』『ドライヤー・システム』『Wリンス・システム』『ブラシ洗浄システム』『機器内部自動洗浄システム』は、オプションです。

最適な洗浄システムをご提案します

洗浄の条件は、洗浄物・処理量・仕上がり・スペース等お客様によりさまざまです。洗浄物も、コンテナ・番重・器具・食器・弁当箱・台車・トレー・パレットシート・部品等さまざまです。SJMでは『提案の3mission』と『洗浄の3element』で最適な洗浄システムをご提案いたします。

■提案の3mission ■洗浄の3element

提案

洗浄

SJM省力化システム

洗浄作業の省力化には、コンテナの段バラシ(アンスタッカー)、段積み(スタッカー)装置があります。また、パレットへの積み込みにロボットによるパレタイザー装置があります。洗浄システムとして、省力化装置をご提案いたします。

食器洗浄 コンテナ容器洗浄 器具洗浄 パレット洗浄 特殊洗浄 ブースター プランニング メンテナンス Q&A

【会社概要】

Copyright (c)2013 SJM JAPAN Inc. All rights reserved.